年収とカードローンの融資枠

消費者金融のカードローンの場合、利用できる金額は年収によって決められてしまいます。もちろん上限金額内で事足りるなら消費者金融のカードローン商品で十分です。しかしもっと高額な融資を受けたい場合は、年収によって融資額を左右されないカードローンを利用しないといけません。
銀行のカードローン商品なら年収によって融資枠が限定されることはありません。収入と返済能力に見合った融資限度額になるのは当然ですが、そこに年収による制限は加わらないのです。仮に年収がそれほど多くない場合でも、返済能力が高い状況であれば高額な融資を受けることも可能になります。
消費者金融のカードローンでは、年収の3分の1までしか融資を受けることが出来ません。高収入の方なら高額な融資を受けることも出来ますが、収入が少ない方は借りられる金額がとても少なくなってしまいます。年収が少なくても返済能力に自信があるなら、消費者金融ではなく銀行カードローンに申し込んで審査結果を待ちましょう。
(参考:銀行系と銀行カードローンの違い

カードローンの利用について

カードローンのキャッシングを何度か利用したことがあるのですが、今ではコンビニのATMから簡単に引き出せるため、便利になった分昔は借金をしたという背徳感のようなものがありましたが、手軽になったゆえに借金をすることに対してというよりも借金に対して考えが社会全体もそうですが自分自身の中に軽いものになってしまっているような気がします。

CMでもよく流れているようにご利用は計画的にしないと僕もついつい簡単にしてしまうのですが、少しでも支払いが遅れてしまうと家や自動車を買うときのローンの審査が通らないということも起こってくる可能性があるので気をつけないといけないなと思います。
計画的につかっていこうと思っていても、カードローンを使うにあたっては基本的にはお金に困っている人が前提ですのでなかなかそういったことを考えずに使われる方もおられると思います。

自分も含めてですが、周りの人にも注意喚起をするとともにそういったことで困る人が一人でも減ることを願っています。

利用限度額は何時でも上昇させられる

カードローンというのは、最初に決められた条件だけで利用するわけでもありません。条件を変えることができるので、もし気に入らない部分があれば変えてしまう方法も考えてください。もっと利用限度額を上げたいと思っている時や、もう少し何とか金利を低くできないかと思ったら、そうした申請を行っていくといいです。

認められないことも多数ありますが、認められるようなことがあれば、利用限度額は一気に上昇します。どれくらい上がるかはわかりませんが、年収をかなり増やすことが出来れば、それだけ多くの利用限度額を手にすることができます。
収入が増えたと思ったら、カードローンの利用限度額を変えてみるのもいい方法です。

もっと利用できる金額を増やしておけば、いざという時に安心して利用できます。出来る限り沢山利用できるようにしておきたいですが、最初の時点では難しいことが多いです。少しでも増やしたいと思ったら、後から申請する方法が望ましいでしょう。

カードローンの返済に秘訣など無い

カードローンを利用してお金を借りるのは、手っ取り早くて大変便利です。
しかし、借りるのは簡単でも返すのは簡単ではありません。

その簡単ではない返済ですが、金融事故などを起こさずに安全に返済するコツのようなものはあるのでしょうか。

結論を言うなら、返済のコツは真面目に地道に返すことしかありません。
少なくとも、返済にはアッと言う間に完済できる魔法のような秘訣などありません。

ですから楽して返済できる方法などは、考えるだけ時間の無駄ということです。

しかし、それでも強いて楽にできる返済の秘訣を挙げるとするならば、一つだけあります。

それは、楽に返せるだけのお金しか借りないことです。

そのためには、カードローンの利用枠を自ら制限することも一案です。

たとえば自分の返済能力が10万円程度だとすれば、利用枠10万円のカードを一枚だけ所持するようにするのです。そうすれば、基本的に返済に苦労することはなくなるでしょう。毎月、楽に返済することができるはずです。

カードローンとは?

カードローンとは、金融機関が発行している、ATMでお金を借りることができるカードのこと。

借りない限りは手数料や年会費等が発生しないものが一般的である。

よって、現在ローンは必要ないが、将来急にお金が必要になった場合(給料日前だが結婚式がある、急に飲み会が入った等)に備えて、安心のために持っておくという人も多数いる。

申込方法は、所定の申込書に記入、捺印したうえで、郵送か窓口に提出するだけ。

カードローンの種類によっては記入内容に差があったり、収入印紙が必要な場合もある。印紙は金融機関で購入できるので、申込の際は身分証明書(保険証、運転免許証等)、金融機関届出印、収入印紙代金、返済口座の口座番号がわかるもの(通帳、キャッシュカード)を持参すれば、ほとんどの場合は大丈夫なはずだ。

もちろん、カード”ローン”であるからこそ、発行にあたっては審査がある。審査に通った際はお手元にカードが届くというわけだ。そのカードを使って、ATMから限度額内のお金を借りることができる。返済は返済用口座からの自動引き落としだったり、自分で入金したりと、これもカードの種類や金融機関によって異なるため、申込の際には確認しておくべきだ。